マツブサ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > マツブサ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

マツブサ(雄株)(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 内田慎治, Jun. 20, 2014)
マツブサ(雄花)(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 内田慎治, Jun. 20, 2014)

目次

マツブサ Schisandra repanda (Siebold & Zucc.) Radlk.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > マツブサ科 Schisandraceae > マツブサ属 Schisandra

解説

落葉性のつる植物.花期は5月下旬から6月上旬.花は淡黄色で,果実は黒藍色に熟しブドウの房状になる.日本に広く分布するが,東アジア固有.傷をつけると松ヤニのような香りがする.

Deciduous and dioecious climber growing to ca. 5 m. Native to Japan with an E Asia endemic distribution. Whitish-yellow unisexual flowers open at end of May to beginning of June, followed later by indigo black berries in botryoidal clusters. Fruits possess pine tar-like sweet and sour flavors and are used in preserves or to make a tea.

(English checking by Professor Rod Seppelt)

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 庄原市葦嶽山(yy-11068),滝山峡(yy-7216),広島市南原峡(km-1465),府中町高尾山(yw-2096),筒賀村小原(mt-6873),美土里町上平山(hh-5342),東城町三国山(yw-4622),吉和村東山(yw-5006),佐伯町権現山(mt-10639),呉市石山(mt-11651),東広島市馬木(km-4129),臥竜山(yw-7421),猿政山(mt-12937),極楽寺山(yw-7964),吉舎町安田(yw-7656),三良坂町矢田(kk-378),総領町木屋(kk-660),熊野町城山(yw-10187),高野町木地山川(yy-13133),三原市鉢ヶ峰(sf-4149),神之瀬峡(tk-326),甲奴町品の滝(ns-2177),世羅町戸張(ns-1747),甲山町三川(ns-124),芸北町大暮(sy-296),西城町三坂(hn-1159),油木町岩貝(sf-8068),豊栄町天神嶽(mt-16104),上下町岳山(sf-204),神石郡三和町星居山(sf-482),口和町常定(hn-178),尾道市摩訶衍山(sf-777),府中市七つ池(sf-1562),福山市大谷池(sf-9497),新市町京の上山(sf-9961)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

  • Magnolia vine

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 16340

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる