ホソバヤマジソ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ホソバヤマジソ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

ホソバヤマジソ Mosla chinensis Maxim.

シノニム

  • Mosla angustifolia (Makino) Makino ex Nakai
  • Mosla japonica Maxim. var. angustifolia Makino

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > シソ科 Lamiaceae > イヌコウジュ属 Mosla

解説

  • 本種は本州(中国地方),九州,朝鮮,中国に分布する小型の1年生草本である.広島県では土井(1983)が西条,神辺などから,江塚・松本(1985)が福山市付近から報告しているが,生育状態が不明であったため,本編には書かれていない.今回,江塚の標本が確認されたので取り上げておく.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 広島県(ae-480)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 48690
  • 環境省RDカテゴリ: 絶滅危惧II類(VU)

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる