ベニスズメ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ベニスズメ

アレチマツヨイグサにつくベニスズメの幼虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 9, 2019)
ベニスズメの幼虫.驚くと頭部を膨らませる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 16, 2019)

目次

ベニスズメ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • ベニスズメ

学名

  • Deilephila elpenor

分類

  • スズメガ科 Sphingidae

分布

  • 日本全国.

解説

  • 食草はアレチマツヨイグサツリフネソウなどアカバナ科やツリフネソウ科.
  • 成虫は全体的に紅色が強く,他種に見られない独特の配色である.
  • 成虫は樹液などを吸う.
  • 幼虫の頭には眼状紋が並び,危険を感じると頭部を縮こませて威嚇する.
  • キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献

  • 槐 真史・伊丹市昆虫館. 2013. ポケット図鑑日本の昆虫1400. 320 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ベニスズメ