ヒラタケ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > ヒラタケ

ヒラタケ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩﨑元道, Nov. 7, 2020)

ヒラタケ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • ヒラタケ
  • カンタケ

学名

  • Pleurotus ostreatus

分類

  • ヒラタケ科 Pleurotaceae

解説

  • 晩秋から春に広葉樹の枯れ木に発生する.
  • 子実体は大型で折り重なるように多数発生することが多い.
  • よく似たウスヒラタケとは傘の色や大きさのほか発生時期で区別できる.
  • 食用だが野生のものはツキヨタケなどとの誤同定に注意.

備考

参考文献

  • 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄(編著). 2011. 山溪カラー名鑑 日本のきのこ, 増補改訂新版. viii + 639 pp. 山と溪谷社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > ヒラタケ