ヒメゲンゴロウ

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 動物総合ページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > ヒメゲンゴロウ| 広島県の動物図鑑 / 和名順

ヒメゲンゴロウ. 田んぼやため池などでよく見られる(広島県東広島市鏡山; 撮影: 有村拓真, Jan. 22, 2024)

ヒメゲンゴロウ Rhantus suturalis (Macleay, 1825)

分類

節足動物門 Arthropoda > 昆虫綱 Insecta > コウチュウ目 Coleoptera > ゲンゴロウ科 Dytiscidae > ヒメゲンゴロウ亜科 Colymbetinae > ‎ヒメゲンゴロウ属Rhantus > ヒメゲンゴロウ Rhantus suturalis

解説

  • 体長: 11-13 mm
  • 主に止水域で見られ, 個体数は多い. 冬季も水中でよく見られる.
  • 6-9月下旬に植物表面に産卵し, 約1ヵ月で羽化する. 年2-3化と考えられ, 幼虫は長い期間確認される,

分布・産地・天然記念物・RDB

分布

  • 日本全土に分布.

産地

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

ギャラリー

  • 前胸背中央にに楕円形の黒色班があり, 上翅に黒褐色の細かい顆粒状斑がある.

関連ページ

参考文献

  • 中島 淳・林 成多・石田和男・北野 忠・吉富博之. 2020. ネイチャーガイド 日本の水生昆虫. 352 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 動物総合ページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > ヒメゲンゴロウ| 広島県の動物図鑑 / 和名順