ヒメウラナミジャノメ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヒメウラナミジャノメ

ヒメウラナミジャノメの成虫.キャンパスに広く分布し、個体数は多い.後翅裏の眼状紋は5つであることが多いが,稀に多い個体も見つかる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 1, 2016)
ヒメウラナミジャノメの成虫.後翅裏の眼状紋が6つとなる個体.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul 21, 2017)

目次

ヒメウラナミジャノメ

和名

学名

  • Ypthima argus

分類

  • タテハチョウ科 ウラナミジャノメ属

分布

  • 北海道,本州,四国,九州

解説

  • キャンパスで最も良く見られるチョウの一種.
  • ススキチヂミザサなどのイネ科の植物を食草とする.

備考

参考文献

  • 日本チョウ類保全協会(編). 2012. フィールドガイド 日本のチョウ. 327 pp. 誠文堂新光社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヒメウラナミジャノメ