ヒナノシャクジョウ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > [[ヒナノシャクジョウ] | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

ヒナノシャクジョウ Burmannia championii Thwaites

シノニム

  • Burmannia japonica Maxim. ex Makino(牧野 1935)

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 単子葉植物綱 Monocotyledoneae > ヒナノシャクジョウ科 Burmanniaceae > ヒナノシャクジョウ属 Burmannia

解説

  • ヒナノシャクジョウが日本で最初に発見されたのは1880年(明治13年)で,矢田部良吉が武州白子(現在の埼玉県和光市,東京都練馬区に隣接)で採集したものである.1883年(明治16年)に,牧野富太郎が高知県佐川町で採集した標本をロシアのK. J. Maximowiczに送り,Burmannia japonica Maxim.と命名され,ここにその分類学上の位置が明らかとなった(牧野 1935).現在では,この学名は東南アジアに広く分布するB. championii Thwaitesの異名とされている(北村・村田・小山 1964; 佐竹ほか 1982など).
  • 小型の多年生草本.光合成を行わない菌従属栄養植物.植物体は白色で,宮島ではセミが鳴き始める頃から開花が始まる.向井ほか(2001)により広島県からはじめて報告され,向井ほか(2007)でも生育が確認された.その後の継続調査でもほぼ同じ場所で毎年開花が確認されている.また,向井ほか(2001)の報告の後,広島県内の他の複数の場所でも生育が確認されている.
  • 広島県内の自生は,原紺勇一が初めて発見し,関太郎が同定した(向井 2001).その後,主に沿岸部で生育が確認されているが,ほとんどの産地で生育個体数は極めて少ない.以下に引用した標本の産地以外に,三次市,安芸郡坂町,呉市などでも生育が確認されている.

花期

8-9月(写真は2000年9月に撮影).

20000913burmanniachampionii.jpg

分布・産地・天然記念物

  • 廿日市市宮島町
  • 本種の日本における分布は,日本野生生物研究センター(1992)によれば,生育が確認された県は茨城・埼玉・千葉・東京・静岡・愛知・三重・兵庫・奈良・和歌山・広島・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄で,現状不明は神奈川・京都・大阪・長崎,絶滅は山梨となっている.この中で,広島からの報告は,河毛周夫氏が採集した標本によるものと思われる(詳細については向井ほか 2001).本種は分布域が広いものの,小型であり,きわめて希な植物であるため,広島県内におけるその詳細な分布についてはよく分かっていない.

標本

  • 広島市安芸区(hbg-17852)、広島市安佐北区(hbg-17851)、広島市安佐南区(yy-21564)、 宮島町(ts-200913、HIRO-MY)

慣用名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード:64550
  • 広島県RDBカテゴリ: 絶滅危惧I類(CR+EN)

文献(出典)

引用文献


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる