ヒイラギ 魚類

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

デジタル自然史博物館 > メインページ> 郷土の動物 > 広島県の淡水魚 > ヒイラギ | 広島県の動物図鑑 / 和名順 | 魚類図鑑 / 分類 / 和名順 / 学名順

ヒイラギ(島根県中海; 撮影: 加村, Oct., 2004)

目次

ヒイラギ Nuchequula nuchalis

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > スズキ目 Perciformes > スズキ亜目 Percoidei > ヒイラギ科 Leiognathidae > ヒイラギ属 Nuchequula > ヒイラギ Nuchequula nuchalis

解説

  • 神奈川県~九州に至る内湾域や河口域の砂泥底に棲息する.
  • 広島県では,瀬戸内海沿岸に広く分布し,河口域から汽水域によく侵入する.
  • 体色は銀色で背側に不規則な褐色斑が走り,胸鰭上方部・第1背鰭に黒色斑を持つことが大きな特徴.
  • 体は扁平で,鱗は細かく銀光沢があり,体側に黄色の淡い模様がある.
  • 口は蛇腹のように伸縮させることができ,ふだんは折りたたんでいて,砂泥中の餌をとる時に伸ばし,その口で水を吹きかけ,砂泥を巻き上がらせる.
  • 共生バクテリアにより,消化管が青白く発光することが知られている.
  • 和名は植物のヒイラギの葉に似て、光沢があること、とげがあることなどから名付けられた.
  • 成魚の体長は約12 cm.
  • 主に底生動物を食べる.
  • 背鰭や尻鰭にかたく鋭いとげがあり,刺し網漁にかかると外しにくい上に,粘液でずるずるになるので漁師に嫌われる.
  • 釣り上がると頭の骨をすり合わせ,ぎいぎいと音を出す.
  • 底曳網・刺網などで漁獲され煮付け・唐揚げ・南蛮漬けなどで美味.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

  • なし

関連ページ

参考文献

  • 比婆科学教育振興会(編). 1994. 広島県の淡水魚, 増補改訂版. 239 pp. 中国新聞社, 広島.
  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.



デジタル自然史博物館 > メインページ> 郷土の動物 > 広島県の淡水魚 > ヒイラギ | 広島県の動物図鑑 / 和名順 | 魚類図鑑 / 分類 / 和名順 / 学名順