ハラビロトンボ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > ハラビロトンボ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

ハラビロトンボの成虫(オス).写真左が未成熟なオスで写真右が成熟したオス.未成熟なオスはメスと似た黄色い体色をしているが,成熟すると黒化し青い粉を吹く.湿地やその周辺の草原に集まる.(広島県東広島市西条; 撮影: 神林千晶, May 14, 2016)
ハラビロトンボ成虫(オス).前額が青く輝く.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 16, 2018)
ハラビロトンボの成虫(メス).成熟後も体色の大きな変化はない.未成熟のオスとは腹端の付属器の形状で見分けられる.(広島県東広島市西条; 撮影: 神林千晶, May 14, 2016)
ハラビロトンボの腹端の比較.未成熟のオス(写真左)とメス(写真右)は腹端の付属器の形状で見分けられる(クリックで拡大).(広島県東広島市西条; 撮影: 神林千晶, May 14, 2016)

目次

ハラビロトンボ Lyriothemis pachygastra

分類

節足動物門 Arthropoda > 昆虫綱 Insecta > トンボ目 Odonata > 不均翅亜目 Anisoptera > トンボ科 Libellulidae > ハラビロトンボ属 Lyriothemis > ハラビロトンボ Lyriothemis pachygastra

解説

  • 北海道南部~南九州に分布.国外では朝鮮半島,中国,ロシア(極東).
  • 未成熟なオスはメスと似た黄色い体色をしているが,成熟すると黒化し青い粉を吹く.
  • メスは成熟後も体色の大きな変化はない.未成熟のオスとは腹端の付属器の形状で見分けられる.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

参考文献

  • 尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮. 2012. ネイチャーガイド 日本のトンボ. 531 pp. 文一総合出版, 東京.

更新履歴

  • 2016.05.15 ページ作成.
  • 2018.07.28 写真追加.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > ハラビロトンボ | 広島県の動物図鑑 / 和名順