ハナナズナ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ハナナズナ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

ハナナズナ Berteroella maximowiczii (Palibin) O.E.Schulz

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > アブラナ科 Brassicaceae > ハナナズナ属 Berteroella

解説

  • 戦前には五日市町河内峠,石内(現在は広島市佐伯区)、 広島市(己斐,祇園,沼田),湯来町恵下,三段峡,三原市仏通寺などで記録されたが,その後,報告がなく, 絶滅したものと思われる。

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 中国大陸から朝鮮半島を経由して対馬、 広島県、 岡山県に知られていた1属1種の大陸系の種.

産地

天然記念物

標本

  • 三原市仏通寺(山田勝-99)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 広島県RDBカテゴリ: 絶滅(EX)
  • 環境庁RDBカテゴリ: 絶滅危惧IA類(CR)
  • 環境庁コード: 21820
  • 県RDB

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる