ノハラムラサキ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ノハラムラサキ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

ノハラムラサキ Myosotis arvensis (L.) Hill

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ムラサキ科 Boraginaceae > ワスレナグサ属 Myosotis

解説

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 園芸品種のワスレナグサに似るが,全体に毛が多く,がく裂片が長く,かぎ状の毛に覆われていることで区別され,観賞用に栽培されるワスレナグサの野生型とされる.人家の庭先に近い林縁に生育しており,栽培品の逸出と考えられる.

産地

天然記念物

標本

  • 吉田町(HIRO-MY-32085),広島市安佐北区(km-11234)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 47444
  • 逸出

文献(出典)

  • 世羅ほか(2010)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる