ノアサガオ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ノアサガオ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

ノアサガオ Ipomoea indica (Burm.) Merr.

シノニム

  • Ipomoea acuminata (Vahl) Roem. et Schult.
  • Ipomoea congesta R.Br.
  • Pharbitis congesta (R.Br.) H.Hara

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ヒルガオ科 Convolvulaceae > サツマイモ属 Ipomoea

解説

  • 近年観賞用としてよく栽培されている.南方系の種であるが,県内の沿岸部では屋外で越冬するため,民家近くの荒地などに逸出して繁茂している.「緑のカーテン」用の材料として栽培を勧めているが,逸出させないように注意を喚起する必要がある.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 47150
  • 逸出

文献(出典)

  • 世羅ほか(2010)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる