ニホンヒキガエル 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ニホンヒキガエル

ニホンヒキガエル成体.繁殖期には複数のオスがメスを取り合う様子が見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 神林千晶, Jan. 30, 2017)
ニホンヒキガエル成体.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 神林千晶, Jan. 30, 2017)

目次

ニホンヒキガエル(東広島キャンパス)

和名

学名

分類

  • ヒキガエル科 ヒキガエル属

分布

  • 鈴鹿山脈以西の近畿地方南部から山陽地方,四国,九州,屋久島に自然分布.日本固有亜種.

解説

  • 繁殖期は1月下旬から2月とされる.
  • キャンパスでの個体数は少なく,確認されている繁殖地は1地点のみ.
  • 広島県沿岸部の平地では開発に伴って生息地が激減し,広島県のレッドデータブック(RDB)で絶滅危惧II類(VU)に指定されている.

備考


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ニホンヒキガエル