ニホントカゲ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の爬虫類 > ニホントカゲ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

ニホントカゲの成体(オス)(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 田守泰裕, Apr. 26, 2016)
ニホントカゲ成体(オス).繁殖期のオスのあごや喉にはオレンジ色の婚姻色が現れる.(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 池田誠慈, Apr. 26, 2016)
ニホントカゲ成体(オス).繁殖期のオスのあごや喉にはオレンジ色の婚姻色が現れる.(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 池田誠慈, Apr. 26, 2016)
ニホントカゲの成体(オス).繁殖期のオスのあごや喉にはオレンジ色の婚姻色が現れる.(広島県庄原市本郷町; 撮影: 大川博志, Apr. 22, 2009)
ニホントカゲ成体(オス).幼体の時に背面に5本あった縦帯と尻尾の鮮やかな青色は成長すると薄れる.(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 池田誠慈, Apr. 26, 2016)
岩の割れ目に潜むニホントカゲ成体(オス).(広島県三原市沼田町; 撮影: 池田誠慈, May 31, 2016)
ニホントカゲの成体(オス).無毒で,咬む力は弱く怪我をすることはない.(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 田守泰裕, Apr. 26, 2016)
ニホントカゲの成体(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 4, 2017)
ニホントカゲの幼体.尻尾の鮮やかな青色は成長すると薄れる.(廿日市市宮島; 撮影: 池田誠慈, May 4, 2015)

目次

二ホントカゲ Plestiodon japonicus

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 爬虫綱 Reptilia > 有鱗目 Squamata > トカゲ亜目 Lacertilia > トカゲ科 Scincidae > トカゲ属 Plestiodon > ニホントカゲ Plestiodon japonicus

解説

  • 本州西部と四国,九州,およびその周辺の島々に分布.
  • 広島県では市街地を中心に数が減っているが各地に広く分布.
  • 宮島では日当たりの良い岩場や山道周辺,民家の庭先などで観察できる.
  • 民家の庭先などでは,ニホンカナヘビと同所的に見られる場所もある.
  • 幼体の体は黒地で頭部から尾部に向かって5本のすじ(縦帯)があり,尾が鮮やかな青色をしている.成長するにつれて縦帯や尾の青色は失われていく.
  • 繁殖期のオスには,顎(あご)や喉にオレンジ色の婚姻色が現れる.
  • 昼行性で昆虫,クモ,ミミズなどを食べる.日中は日当たりの良い場所で日光浴をする.
  • いわゆる「トカゲの尻尾切り」(自切)を行い,捕食者から逃げる.
  • ニホントカゲとニホンカナヘビの見分け方

天然記念物・RDB

  • 広島県RDB(2011):準絶滅危惧 (NT)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • トカゲ

英名

  • Japanese five-lined skink

広島県方言

  • とかげ

備考

文献(引用)

  • 比婆科学教育振興会(編). 1996. 広島県の両生・爬虫類. 168 pp. 中国新聞社, 広島.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の爬虫類 > ニホントカゲ | 広島県の動物図鑑 / 和名順 にもどる