ナナホシテントウ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > ナナホシテントウ| 広島県の動物図鑑 / 和名順

ナナホシテントウの成虫.(広島県東広島市, Sep. 4, 2004)
ナナホシテントウの成虫(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 15, 2017)

目次

ナナホシテントウ Coccinella septempunctata

分類

節足動物門 Arthropoda > 昆虫綱 Insecta > コウチュウ目 Coleoptera > テントウムシ科 Coccinellidae > テントウムシ亜科 Coccinellinae > ‎Coccinella > ナナホシテントウ Coccinella septempunctata

解説

  • 日本全国に分布.
  • 上翅に7つの黒斑をもち,とても特徴的.
  • テントウムシでは最も身近で個体数も多い.
  • 成虫は3~11月に出現,成虫幼虫ともに植物につくアブラムシを捕食する.
  • 刺激を受けると脚の節から黄色い苦い汁を出す.
  • 成虫で越冬する.

天然記念物・RDB

  • なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

  • Sevenspotted Lady Beetle

広島県方言

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > ナナホシテントウ| 広島県の動物図鑑 / 和名順