トノサマガエル 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > トノサマガエル

トノサマガエル成体.オスは繁殖期に婚姻色が現れる.(広島県東広島市西条; 撮影: 神林千晶, Apr. 28, 2017)


目次

トノサマヒキガエル(東広島キャンパス)

和名

学名

  • Pelophylax nigromaculatus

分類

  • アカガエル科 トノサマガエル属

分布

  • 本州(関東平野,仙台平野を除く)・四国・九州に分布.国外では,朝鮮半島・中国・ロシア沿海州の一部に分布.

解説

  • キャンパスでの個体数は多くない.
  • 繁殖期は4月下旬~5月中旬の,田植えの準備がちょうど終わった頃.
  • 広島県RDBカテゴリ(2011):準絶滅危惧(NT)

備考


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > トノサマガエル