トサムラサキ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > トサムラサキ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

トサムラサキの花(廿日市市宮島町; 撮影: 向井誠二, Jun. 28, 2001)
トサムラサキ(果)(広島県廿日市市 宮島; 撮影: 垰田 宏, Dec. 12, 2010)

目次

トサムラサキ Callicarpa shikokiana Makino

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > シソ科 Lamiaceae(APG分類体系)クマツヅラ科 Verbenaceae) > ムラサキシキブ属 Callicarpa

解説

トサムラサキの果実(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 向井誠二; November 13, 2001)
トサムラサキの花(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 坪田博美; July 2, 2017)
  • 5-15 mの高さになる落葉樹.
  • 花期は7月上旬から中旬.
  • 花は淡紅紫色で,秋に果実が成熟し,鮮やかな紫色になる.
  • 分布が非常に限られおり稀少.
  • 以前はクマツヅラ科Verbenaceaeに置かれていたが,APG分類体系ではシソ科Lamiaceaeに置かれてる.
  • 佐藤達夫は「花の画集2」(1972)で宮島産の本種のすばらしい彩色スケッチを載せ,「宮島にある広島大学の植物園の栽培品であろう」と述べているが,これは自生品である.果実は晩秋に熟し,紫色で本属の中ではもっとも美しい.
  • 宮島には自生があり,明るい多少撹乱を受けたような場所で見られる.宮島のものは白い花のもので,シロバナトサムラサキf. albiflora S.Toyamaに該当する可能性がある.
  • 属名は「美しい果実」,種小名は「四国の」という意味.
  • Deciduous shrubs or small trees, up to 3-5 m in height. Native to southern Japan. Pinkish white flowers in clusters open in beginning to middle of July, followed later by berries which turn lilac with a metallic lustre in the fall. Not so common in Miyajima Is., but the berries are an important survival food for birds.
(English checking by Professor Rod Seppelt)

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 西日本(本州西部から九州)に分布し,広島県では宮島だけで生育が確認されている.
  • 宮島では谷筋のやや湿った所に生育し,個体数も多い(坪田・向井 2008).
  • 最近になって山口県からも報告された(前崎・寺森 2013

産地

天然記念物

標本

  • 宮島(rn-6330)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • ヤクシマコムラサキ

英名

  • Shikoku beautyberry

広島県方言

備考

  • 広島県RDBカテゴリ: 準絶滅危惧(NT)
  • 環境庁RDBカテゴリ: 絶滅危惧II類(VU)
  • 環境庁コード: 47750

文献(出典)

引用文献

  • 佐藤達夫.1972. 花の画集 2.66 pp. 東京新聞,東京.
  • 坪田博美・向井誠二. 2008. 表紙の植物 – トサムラサキについて –. 宮島自然植物実験所ニュースレター 12: 1, 11-14. pdf

関連


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる