ツルシキミ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ツルシキミ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

ツルシキミ Skimmia japonica Thunb. var. intermedia Komatsu f. repens (Nakai) Hara

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ミカン科 Rutaceae > ミヤマシキミ属 Skimmia

解説

  • シキミという名前がついているが,シキミとは別のミカン科の植物.
  • 多雪地帯の森林の林床で見られる.日本海側のブナ林で,日本海要素のユキツバキエゾユズリハハイイヌガヤなどとともに見られる.
  • 全草および果実は有毒.成分はアルカロイドのジクタミンなど.
  • ミヤマシキミとの中間型もあるが,ツルシキミの幹は地上をはい,あまり枝分かれせず,葉は短くて幅が広い.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 東アジアの日本から樺太に分布.
  • 日本では,北海道から本州の日本海側,太平洋側では海抜の高い冷温帯に自生.
  • 広島県では,中国山地の多雪地帯のブナ林などに分布する.

産地

天然記念物

標本

  • 東城町三国山(mt-8067),比婆山(yy-1278),口和町宮内(hn-822),高野町船山(km-7465),神之瀬峡(kk-2688),西城町三坂(hn-1153)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • ツルミヤマシキミ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 31780

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる