ツノハシバミ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

ツノハシバミ(東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名 Japanese name

学名

  • Corylus sieboldiana Blume var. sieboldiana

分類

  • カバノキ科 Betulaceae

分布

  • 北海道・本州・四国・九州に分布するが,四国・九州では少ない.
  • 国外では朝鮮にのみ分布する.

東広島キャンパスの花期

  • 調査中

解説

  • カバノキ科の落葉低木.
  • 樹皮は灰褐色で平滑,円形または横長の皮目を生じる.
  • 葉は互生し,葉身は卵形,広倒卵形,楕円形,または長楕円形で細かい鋭鋸歯がある.
  • 果実は基部が膨れたくちばし状の形になる.
  • 堅果は円錐形で食べられる.
  • 東広島キャンパスでは国際の森に植栽されている.

English

English name

Scientific name

Taxonomy

Distribution

Flowering season

Notes

中文

中文名 Chinese name

科学名称

分類

分布

开花季节

解説

ギャラリー Gallery 画廊


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > ツノハシバミ