ツクシハギ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ツクシハギ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ツクシハギの花とがく.がく歯が鈍頭で脈が不明瞭.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 8, 2017)

目次

ツクシハギ Lespedeza homoloba Nakai

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > マメ科 Fabaceae(Leguminosae) > ハギ属 Lespedeza

解説

  • 広島県にもっともふつうのハギで,島嶼部から中国山地まで広く分布している.
  • ヤマハギに比べて,葉質が厚く,葉の裏面に毛があり,花のがく歯は鈍頭で脈が不明瞭,花期は遅い.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,島嶼部から中国山地まで広く分布.

産地

天然記念物

標本

  • 広島市牛田山(km-2257),府中町水分峡(hh-4715),豊松村仙養山(hh-4822),黒瀬町国近(mt-7931),福富町野路山(mt-9427),倉橋島(mt-11846),加計町五輪山(km-4574),呉市深山滝(mt-14312),極楽寺山(km-4756),三良坂町灰塚(yw-8794),熊野町竜王山(yw-10064),東広島市鏡山(mt-15018),大竹市後飯谷(km-5945),千代田町猿喰山(mt-17098),口和町宮内(hn-863),君田村船山(yw-11467),高野町神之瀬湖(kk-3061),甲山町今高野山(ns-1501),世羅町戸張(ns-345),世羅西町黒川(ns-282),東城町森(hn-1353),大朝町雉子の目山(mt-15678)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • オオマルバハギ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 29200

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる