チョウゲンボウ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > チョウゲンボウ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

チョウゲンボウのメス(広島県三原市沼田東町; 撮影: 池田誠慈, Feb. 1, 2016)

目次

チョウゲンボウ Falco tinnunculus interstinctus

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 鳥綱 Aves > ハヤブサ目 Falconiformes > ハヤブサ科 Falconidae > ハヤブサ属 Falco > チョウゲンボウ(種) Falco tinnunculus > チョウゲンボウ(亜種) Falco tinnunculus interstinctus

解説

  • 全国の平地から山地に棲み、本州北部から中部の崖地で繁殖する.
  • 広島県内では,春と秋の渡りの時期に観察されることが多い.
  • 宮島のチョウゲンボウも参照.

分布・産地・天然記念物

分布

  • ヨーロッパ・アフリカ・カナリア諸島・アジア

産地

天然記念物・RDB

  • ワシントン条約附属書II(CITES Appendix II 2013)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

  • common kestrel

広島県方言

備考

関連ページ

参考文献

  • 宮島町教育委員会(編). 1999. 宮島の野鳥. 176 pp. 宮島町, 宮島町.
  • 日本鳥学会(編). 2012. 日本鳥類目録改訂第7版. xx + 438 pp. 日本鳥学会, 三田.
  • 日本野鳥の会広島県支部(編著). 2002. ひろしま野鳥図鑑, 増補改訂版. 267 pp. 中国新聞社, 広島.

更新履歴

  • 2017.02.14 ページ作成.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > チョウゲンボウ | 広島県の動物図鑑 / 和名順