タラヨウ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > タラヨウ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

タラヨウ Ilex latifolia Thunb.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > モチノキ科 Aquifoliaceae > モチノキ属 Ilex

解説

  • 常緑の高木.樹高20 mを超すが,ふつう3-5 m.
  • 枝は粗く,灰褐色の粗い樹皮をもち,幹は比較的直立する.
  • 葉は長楕円形で互生し,大きくて革質,無毛.硬質で表面に光沢があり,葉縁に粗く鋭い鋸歯がある.葉は長さ12-17 cm,幅5-8 cm.タバコの火をつけるなど熱を加えると,黒変する(紫環反応).
  • 雌雄異株.
  • 花は淡黄緑色,小さくて目立たない.花弁は4枚.雄しべ4本,雌花にも不稔の雄しべがある.雌しべ1本,花柱は短く,子房上位.
  • 果実は球形で径8 mmほど.晩秋に熟して赤く色づく.核果で,外果皮が赤く,中果皮は液質,内果皮は硬く核果となる.核果は数個あり,内部に真の種子がある.
  • 庭木として利用されるが,寺の境内などにもよく植栽される.
  • 葉の裏に尖ったもので文字が書けることから「はがきの木」とも呼ばれ,郵便局に植えられていることがある.
  • 和名は貝多羅葉(ばいたらよう)になぞらえたものであるが,真の貝多羅葉は,昔,インドで経典をヤシ科のウチワヤシBorassus flabelliferの葉に書いたもので,タラヨウとは類縁関係はない.廿日市市の洞雲寺(とううんじ)には本物の貝多羅葉に経典を書いたものが保存されている.

花期

  • 4-5月
  • 春に淡薄黄緑色の花を葉腋につける.

分布・産地・天然記念物

分布

  • 本州(静岡県以西),四国,九州の暖地に分布する.中国大陸中部にも分布.
  • 広島県では,島嶼部から吉備高原面にかけて,とくに岩の多い所に分布する傾向がある.

産地

天然記念物

標本

  • 大和町棲真寺(yy-10390),弥栄峡(yy-3094),広島市長者山(mt-5811),野呂山(mt-8332),安芸津町三津(hh-6883),三次市鳳源寺(hh-7667),廿日市市明石(hh-6126),宮島(ts-2244),似島(rn-10118),沼隈町横倉(sf-3481),三原市高坂町(sf-5897),本郷町女王滝(yk-6634),尾道市吉浦町(yk-6856),府中市久佐町(sf-257)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • タラヨオ

英名

広島県方言

  • モンツキシバ
  • ノコギリシバ

備考

  • 環境庁コード: 33390

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる