タカハシテンナンショウ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > タカハシテンナンショウ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

タカハシテンナンショウ Arisaema nambae Kitam.

シノニム


その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 単子葉植物綱 Monocotyledoneae > サトイモ科 Poaceae > テンナンショウ属 Arisaema

解説

  • 本編ではヒガンマムシグサの項で,検討すべき種としていた.その後,開花時期の自生地調査などを行い,広島県の準絶滅危惧種に選定されている.また,小林ほか(2008)は中国地方におけるタカハシテンナンショウとヒガンマムシグサの詳細な調査を行っている.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 東城町(yy-18116),福山市(km-11418)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード:73280
  • 環境省RDカテゴリ: 絶滅危惧I類(CR+EN)
  • 広島県RDBカテゴリ: 準絶滅危惧(NT)

文献(出典)

  • 三上(2002),広島県東城町植物誌編纂委員会編(2004),広島県版レッドデータブック見直し検討会(2004),小林ほか(2008),世羅ほか(2010)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる