タイシャクトウヒレン

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > [[タイシャクトウヒレン] | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

タイシャクトウヒレン Saussurea kubotae Kadota

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > キク科 Asteraceae > トウヒレン属 Saussurea

解説

  • 2007年に門田裕一が新種として記載したもの.東城町にあるセイタカトウヒレンの集団の中にあって,開花期が早く,総苞が倒卵形で片が多いなどの特徴で区別される.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 東城町(TNS-761280; 正基準標本)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード:59415

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる