センチニクバエ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > センチニクバエ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

センチニクバエの成虫.(広島県東広島市, Sep. 3, 2004)

目次

センチニクバエ Sarcophaga peregrina

分類

節足動物門 Arthropoda > 昆虫綱 Insecta > ハエ目 Diptera > ニクバエ科 Sarcophagidae > ニクバエ亜科 Sarcophaginae > ‎arcophaga > センチニクバエ Sarcophaga peregrina

解説

  • 日本全土に分布.
  • 体長10~12 mm.
  • 胸部背面は灰色で、3本の黒条がある.
  • 幼虫は動物の死体、糞(フン)、便所などから発生.
  • 卵胎生で1齢幼虫が産まれる。成虫は初夏から秋まで発生.
  • 人家周辺などで普通にみられる。

天然記念物・RDB

  • なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > センチニクバエ | 広島県の動物図鑑 / 和名順