センダン

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > センダン | 広島県の植物図鑑 / 和名順

センダンの花(広島県三原市下北方; 撮影: 池田誠慈, May 26, 2016)
センダンの花(広島県三原市下北方; 撮影: 池田誠慈, May 26, 2016)
センダンの花(廿日市市宮島町; 撮影: 向井誠二, May 24, 2001)
センダンの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jun. 1, 2018)
センダンの果実(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Dec. 2, 2016)
センダンの果実(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Dec. 2, 2016)

目次

センダン Melia azedarach L.

シノニム

  • Melia azedarach L. var. subtripinnata Miq.(狭義)
  • Melia azedarach L. var. japonica (G.Don) Makino(M. azedarach var. subtripinnataのシノニム)

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > センダン科 Meliaceae > センダン属 Melia

解説

  • 落葉亜高木-高木.
  • 成長が早く,比較的短期間で大きくなる.
  • 5-6月に開花し,11月頃果実が白く成熟する.
  • 街路樹や公園樹,庭木として植栽される.
  • 材は建築用装飾や家具,器具用材,下駄などに用いられる.
  • 果実や樹皮,根皮を漢方で用いる.葉にも除虫効果があり,かつては除虫にも用いられていた.
  • 和名は,果実が落葉後も残り,数珠玉に例え,センダマ(千珠)とされたことから.あるいは,種子を数珠に利用することに由来か.

花期

  • 5中旬-6月中旬

分布・産地・天然記念物

分布

  • アジアの熱帯から亜熱帯に広く分布する.
  • 日本では,四国から九州,沖縄に自生するとされるが,西日本の暖地では海岸付近や河原,森林で多く見られる.

産地

  • 廿日市市宮島町, 広島市佐伯区

天然記念物

標本

  • 広島市白木町(yw-3024),府中町鹿篭山(yw-1922),呉市休山(mt-11250),極楽寺山(yw-9400),福山市郷分町(sf-3047),尾道市高須町(yk-3657),因島(yk-4786),倉橋島(sy-104),神辺町東中条(sf-10312)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • 栴檀(せんだん)
  • オウチ(楝)
  • アミノキ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 32060
  • 逸出
  • 「栴檀(せんだん)は双葉より芳(かんば)し」のことわざのセンダンは,植物学的には香木として用いられるビャクダン(白檀)を指す.

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる