ジャコウアゲハ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ジャコウアゲハ

ジャコウアゲハの成虫(メス).アゲハチョウの中では比較的ゆったりと飛翔する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 30, 2019)

目次

ジャコウアゲハ

和名

学名

  • Atrophaaneura alcinous

分類

  • アゲハチョウ科 Papilionidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • 農地や草地,林縁部で見られるアゲハチョウ類で,ゆったりと飛翔する.
  • オナガアゲハに似るが,腹部に赤色紋があることで識別できる.
  • 幼虫の食草はウマノスズクサやオオバノウマノスズクサなど(ウマノスズクサ科).
  • ツツジやアザミ類の花を訪花する.
  • 東広島キャンパスでの個体数は少ない.

備考

参考文献

  • 日本チョウ類保全協会(編). 2012. フィールドガイド 日本のチョウ. 誠文堂新光社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ジャコウアゲハ