シロマダラ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の爬虫類 > シロマダラ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

シロマダラの成蛇(広島県廿日市市; 撮影: 田守泰裕, Jun. 19, 2016)
シロマダラ成蛇.よく目立つ模様をしている.(広島県; 撮影: 大川博志, 1985年頃)
シロマダラの成蛇(広島県廿日市市; 撮影: 田守泰裕, May 18, 2016)
シロマダラの成蛇の頭部側面(広島県廿日市市; 撮影: 田守泰裕, May 18, 2016)
シロマダラの成蛇の頭部背面(広島県廿日市市; 撮影: 田守泰裕, May 18, 2016)
シロマダラの成蛇の下あご.目立つ模様はない.(広島県廿日市市; 撮影: 田守泰裕, Jun. 19, 2016)
シロマダラの成蛇の背面.目立つ模様をしている.(広島県廿日市市; 撮影: 田守泰裕, May 18, 2016)
シロマダラの成蛇の腹面.目立つ模様はない.(広島県廿日市市; 撮影: 田守泰裕, Jun. 19, 2016)
シロマダラの総排泄腔周辺の写真.(広島県廿日市市; 撮影: 田守泰裕, May 18, 2016)
岩の割れ目に潜むシロマダラの成蛇.(広島県廿日市市; 撮影: 田守泰裕, May 18, 2016)

目次

シロマダラ Dinodon orientale

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 爬虫綱 Reptilia > 有鱗目 Squamata > ヘビ亜目 Serpentes > ナミヘビ科 Colubridae > マダラヘビ属 Dinodon > シロマダラ Dinodon orientale

解説

  • 本州・四国・九州・伊豆大島などに分布する日本固有種.
  • 広島県では,島嶼部や山地の田畑周辺から見付かっている.
  • 夜行性で,昼間は物陰に潜んでいるため人目につくことは少ないが,模様はよく目立つ.
  • 主にニホントカゲニホンカナヘビなどの爬虫類を餌としている.しかし,飼育下では両生類も食べるようになるようだ.
  • 環境への選択性は特にないようだが,餌となる爬虫類が多いところに生息していると思われる.
  • 普段は岩の割れ目などに潜み,冬もそこで越すようだ.

天然記念物・RDB

  • 広島県RDBカテゴリ(2011):要注意種(AN)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

  • Oriental odd-tooth snake

広島県方言

  • なし

備考

参考文献

  • 比婆科学教育振興会(編). 1996. 広島県の両生・爬虫類. 168 pp. 中国新聞社, 広島.

更新履歴

  • 2015.11.27 ページ作成.
  • 2016.01.27 解説追加.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の爬虫類 > シロマダラ | 広島県の動物図鑑 / 和名順 にもどる