シモツケ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > シモツケ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

シモツケの花(植栽)(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 21, 2017)

目次

シモツケ Spiraea japonica L.fil.

シノニム

その他

  • Spiraea japonica Linn.fil.(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > バラ科 Rosaceae > シモツケ属 Spiraea

解説

  • 比婆山のものをチョウセンシモツケ(ssp. angustata Kitam.)として報告されているが(広島県民の森 1972),北村・村田(1979)や大橋(1989)の見解にしたがって,本種を大きく扱っておく.しかし,太田川のものは洪水時に水に浸る川岸の岩場に生育しており,一方,中国山地のものは海抜1200 mの尾根筋の岩場で,両者の環境が大きく異なっている.両者の分類学的な検討は今後の課題である.
  • ピンク色の花が美しく,しばしば庭園に植栽される.

花期

  • 7~8月.

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,西部の太田川川岸と東部の中国山地尾根筋の岩場の2カ所に分布している.いずれも個体数は少ない.

産地

天然記念物

標本

  • 滝山峡(ts-773),比婆山(yy-12513,花),東城町猫山(yy-10875,花,三上幸三 採集)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • ホソバシモツケ

英名

広島県方言

備考

  • 広島県RDBカテゴリ: 準絶滅危惧(NT)
  • 環境庁コード: 27940

文献(出典)

引用文献

  • 広島県民の森.1972. 植物目録(広島県民の森).59 pp. 広島県林業部,広島.
  • 北村四郎・村田 源.1979. 原色日本植物図鑑 木本編II.545 pp. 保育社,大阪.
  • 大橋広好.1989. バラ科シモツケ属.佐竹義輔・原 寛・亘理俊次・冨成忠夫編,日本の野生植物 木本II.pp. 181-185. 平凡社,東京.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる