ザイフリボク

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ザイフリボク | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ザイフリボクの花(廿日市市宮島町; 撮影: 向井誠二, Apr. 12, 2001)

目次

ザイフリボク(シデザクラ) Amelanchier asiatica (Siebold & Zucc.) Endl. ex Walp.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > バラ科 Rosaceae > ナシ亜科 Maloideae > ザイフリボク属 Amelanchier

解説

  • 落葉小高木.
  • 乾燥に強く,日当たりの良い場所に生育する.
  • 本州中部以西から四国,九州に分布する.
  • 春,白い花を開花させる.
  • 虫媒花で,花は細長い花弁をもち,クリの花に似た独特の匂いがする(芳香成分としてスペルミンを持つ?).
  • 果実は熟すと黒紫色になり,可食.
  • 葉は白毛を密生する.開花の頃展葉し始める.
  • 別名,シデザクラと呼ばれる.
  • 庭木や公園の植栽に利用される.
  • 近縁種アメリカザイフリボクAmelanchier canadensisが北米に産する.果実は熟すと赤色になり,ジューンベリーと呼ばれ食用とする.
  • 標準和名のザイフリボクは,花の様子を采(ざい)に見立て,采振り木と呼んだもの.采とは,昔,鷹狩の際に用いられた用具で,和紙を束ねたものを用いた.
  • 別名のシデザクラは,花の様子を神事などで用いられる紙垂(しで,四手)の形に見立てたもの.

花期

  • 4-5月

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 戸河内町戸河内(yy-10098),吉和村立岩(yy-10209),呉市情島(yy-10471),内海町横島(yy-4894),広島市岩滝山(mt-5928),府中町岩谷観音(mt-6841),三原市仏通寺(yw-1240),豊松村魚切渓谷(mt-6805),安浦町中切(hh-6036),倉橋島(mt-11012),海田町日浦山(hh-6592),口和町黒岩山(mt-12578),極楽寺山(mt-10429),三良坂町田戸(yw-8487),熊野町城山(yw-10229),庄原市本郷(yy-12941),東広島市八本松吉川(yy-1777),福富町大谷山(km-5493),沼隈町能登原(sf-3013),尾道市浄土寺山(yk-3145),仙酔島(sf-5420),新市町金丸(sf-5457),甲山町男鹿山(ns-1143),芸北町小原(sy-361),府中市河佐峡(sf-7121),神石郡三和町井関(sf-927),大和町安田山(mt-16775),久井町久井(gi-188)

慣用名・英名・広島県方言

別名

慣用名

  • ザイフリ

英名

  • Asian serviceberry

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 25040

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる