サイジョウコウホネ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > サイジョウコウホネ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

サイジョウコウホネの花.柱頭盤は赤い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, May 13, 2016)

目次

サイジョウコウホネ Nuphar japonicum DC. var. saijoense Shimoda

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > スイレン科 Nymphaeaceae > コウホネ属 Nuphar

解説

サイジョウコウホネ Nuphar japonicum DC. var. saijoense Shimoda

文献:Shimoda, M. 1991. Nuphar from the Saijo Basin, Hiroshima Prefecture, western Japan. J. Phytogeogr. & Taxon. 39: 1-8.

原記載文:A typo disco stigmatis semper rubro et folio subtus pubescenti ut in N. oguraensi var. akiensi differt.

タイプロカリティー:Japan. Honshu. Pref. Hiroshima: Saijo-cho and Hachihonmatsu-cho, Higashi-Hiroshima City.

正基準標本:M. Shimoda No. 4742, June 27, 1989 (HIRO).

特徴:水上葉は大型で12-23 cm,葉の裏面に毛が多くコウホネに類似し,柱頭盤が赤いことでベニオグラコウホネにも類似する.コウホネとベニオグラコウホネの特徴をあわせもつことや葯と花糸の長さの比が両者の中間であることから,両者の雑種と考えられている.

花期

花期は6~9月で,黄色,花の径は3~6 cm,柱頭盤は赤い(コウホネは黄色).葉は空中に立ち上がり,葉柄は中実.

分布・産地・天然記念物

分布

新変種が記載された基準産地は東広島市の西条盆地で,ここが唯一の生育地である.しかし,ため池の埋め立て,土砂の流入,水質の悪化など生育環境は悪くなっている.

産地

天然記念物

標本

  • 東広島市八本松町(ms-4682)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 広島県RDBカテゴリ: 絶滅危惧Ⅱ類(VU)
  • 環境庁コード: 19415

文献(出典)

  • 下田(1991a),広島県(1995)広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる