ゴマダラチョウ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ゴマダラチョウ

ゴマダラチョウの成虫(裏).雑木林周辺に生息し成虫は樹液にも集まる.エノキを食草とし,幼虫は枯れ葉の下で越冬する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 29, 2016)
ゴマダラチョウの成虫(表).表の地色は黒色で白斑が散らばる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 29, 2016)
エノキ葉上のゴマダラチョウの幼虫.2本の角が特徴的.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep.13 , 2018)
ゴマダラチョウの幼虫.冬が近づいているため,体色が茶褐色に変化している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 10, 2018)

目次

ゴマダラチョウ

和名

学名

  • Hestina japonica

分類

  • タテハチョウ科 Nymphalidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州

解説

  • キャンパス内での個体数は多い.
  • 主な幼虫の食樹はエノキ
  • 成虫は様々な樹木の樹液を吸う.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ゴマダラチョウ