コバネアオイトトンボ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > コバネアオイトトンボ

コバネアオイトトンボの成虫(オス).アオイトトンボやオオアオイトトンボとは胸部の金属光沢部の範囲で識別することができる.(広島県東広島市; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 12, 2019)
コバネアオイトトンボの成虫(メス).池から離れた草地でも見られるときがある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 4, 2019)

目次

コバネアオイトトンボ

和名

学名

  • Lestes japonicus

分類

  • アオイトトンボ科 Lastidae

分布

  • 本州,四国,九州

解説

  • アオイトトンボオオアオイトトンボに似るが,未成熟個体は胸部が橙褐色になることや金属光沢部の範囲で識別することができる.
  • オスメスともに成熟しても白い粉を吹かない
  • 開けた水域を好む傾向がある.
  • 東広島キャンパス内での個体数は少ない.

備考

参考文献

  • 尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮. 2012. ネイチャーガイド 日本のトンボ. 531 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > コバネアオイトトンボ