クワサビカミキリ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クワサビカミキリ

クワサビカミキリの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 8, 2020)

クワサビカミキリ

和名

学名

  • Mesosella simiola

分類

  • カミキリムシ科 Cerambycidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州,国外では台湾.

解説

  • 主に山地に生息するカミキリムシ.
  • 成虫は5月から8月に出現し,マグワなどの木に集まる.
  • 幼虫は枯れた広葉樹ををエサとする.
  • 東広島キャンパスでの個体数は普通.

備考

参考文献

  • 鈴木 知之・斉藤 博. 2017. 新カミキリムシハンドブック. 128 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クワサビカミキリ