クロガネモチ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
クロガネモチ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)
クロガネモチの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jun. 3, 2016)
クロガネモチの実(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)

クロガネモチ(広島大学東広島キャンパスの植物)

和名

  • クロガネモチ

学名

  • Ilex rotunda Thunb.

分類

  • モチノキ科 Aquifoliaceae

分布

  • 本州(茨城・福井以西)・四国・九州・琉球列島に産し,国外では台湾・中国・インドシナまで分布.

東広島キャンパスの花期

  • 5-6月

特徴

  • モチノキ科の常緑高木.雌雄異株.
  • しばしば庭木に用いられ,都市環境にも耐えることから街路樹として植えられることが多い.
  • 「クロガネモチ」の和名が「金持ち」に通ずることから縁起木として植えられる.
  • 東広島キャンパスでは広く植栽されており,本部周辺などで秋に赤い果実をたくさんつけた様子を観察することができる.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > クロガネモチ