クヌギ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
クヌギ(植栽)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Oct. 7, 2016)
クヌギ(広島県東広島市鏡山 広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 29, 2017)

クヌギ(東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名 Japanese name

学名

  • Quercus acutissima Carruth.

分類

  • ブナ科 Fagaceae

分布

  • 本州(岩手県・山形県以南)・四国・九州・琉球の山地,丘陵地で見られる.台湾や朝鮮・中国大陸・インドシナ半島からヒマラヤにかけての広い地域に分布する.

東広島キャンパスの花期

  • 調査中

解説

  • ブナ科の落葉高木.
  • 樹皮は灰褐色で不規則に割れる.
  • 葉は互生し,葉柄は1-3 cm,長楕円状披針形,2-3 mmの芒となり縁がとがる.裏面は淡い緑色.
  • 堅果(どんぐり)は球形で2年目に熟す.殻斗は半球形.堅果の見た目はアベマキに似る.
  • 東広島キャンパスではサタケ広場(文学部付近)に植栽されている.

English

English name

Scientific name

Taxonomy

Distribution

Flowering season

Notes

中文

中文名 Chinese name

科学名称

分類

分布

开花季节

解説

ギャラリー Gallery 画廊


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > クヌギ