ギフチョウ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ギフチョウ

ギフチョウの成虫.枯葉上で開翅している.早春のみ出現する.東広島キャンパスでの個体数は極めて少ない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 佐藤祐輔, Apr. 12, 2017)
ギフチョウの卵塊.ギフチョウの卵はカンアオイの新芽の裏側に塊で産み落とされる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 佐藤祐輔, Apr. 13, 2017)

目次

ギフチョウ

和名

学名

  • Luehdorfia japonica Leech, 1889

分類

  • アゲハチョウ科 ギフチョウ属

分布

  • 本州

解説

  • 春に出現する(年一化).
  • 東広島キャンパスでの個体数は極めて少ない.
  • 食草は,サンヨウアオイなど(ウマノスズクサ科カンアオイ属).

備考

参考文献

  • 日本チョウ類保全協会(編). 2012. フィールドガイド 日本のチョウ. 327 pp. 誠文堂新光社, 東京.
  • 白水隆(著). 2014. 日本産蝶類標準図鑑. 336 pp. 学研教育出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ギフチョウ