キョウチクトウ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > キョウチクトウ

キョウチクトウ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 1, 2017)
キョウチクトウの花(広島県東広島市 東広島キャンパス理学部; 撮影: 池田誠慈, Sep. 1, 2017)

目次

キョウチクトウ(広島大学東広島キャンパスの植物)

和名

  • キョウチクトウ

学名

  • Nerium oleander L. var. indicum (Mill.) O.Deg. et Greenwell

分類

  • キョウチクトウ科 Apocynaceae

分布

  • インド原産の園芸品種

東広島キャンパスの花期

  • 7-9月

特徴

  • キョウチクトウ科の常緑低木.
  • 和名は葉が「竹(たけ)」に似ており,花が「桃(もも)」に似ていることから.
  • 多くの園芸品種があるが,日本では適切な花粉媒介者がいないため挿し木で増やす.
  • 乾燥や大気汚染に強いため植栽に使われるが,強い毒をもつので人間や家畜は誤って口にして中毒症状にならないよう注意が必要だが,本種を採食する昆虫も存在する.
  • 広島が原爆にあった後,焦土の中でいち早く開花したことから復興のシンボルとして広島市の花に指定されている.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > キョウチクトウ