キタキチョウ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > キタキチョウ

交尾中のキタキチョウ成虫夏型.葉につかまっている個体がメス.キャンパスで最もよく見られるチョウの1種.年多化性で成虫越冬する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 神林千晶, May 30, 2016)
キタキチョウ成虫夏型.(広島県東広島市鏡山; 撮影:池田誠慈, Aug 4, 2017)

目次

キタキチョウ

和名

学名

  • Eurema mandarina mandarina

分類

  • シロチョウ科 キチョウ属

分布

  • 本州,四国,九州,琉球

解説

  • 東広島キャンパスで最もよく見られるチョウの1種.
  • 年多化性で成虫越冬する.
  • 最近「キチョウ」には2種類含まれることが分かり,キタキチョウとミナミキチョウに分けられた.
  • 食草は,メドハギミヤギノハギなどのハギ類,ネムノキハリエンジュコマツナギなど(マメ科).

備考

参考文献

  • 猪又敏男・植村好延・矢後勝也・神保宇嗣・上田恭一郎. 2010-. 日本産蝶類和名学名便覧. http://binran.lepimages.jp/
  • 日本チョウ類保全協会(編). 2012. フィールドガイド 日本のチョウ. 327 pp. 誠文堂新光社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > キタキチョウ