カワラタケ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > カワラタケ


目次

カワラタケ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • カワラタケ

学名

  • Trametes versicolor

分類

  • タマチョレイタケ科 Polyporaceae

分布

  • 世界各地

解説

  • 広葉樹の切り株などに発生し,集団で折り重なるようになっていることが多い.
  • 最もありふれたキノコの1つであり,東広島キャンパスでも目にする機会は多い.
  • 傘上面黒,青,白,褐色,灰色など,versicolorの名の通り様々な色が帯を形成している。
  • 傘下面は白い管孔になっている.
  • 緑色になっている場合は,表面に藻類が付着している.
  • 硬質で苦いため食用にはされないが,薬用として利用されることがある.

備考

参考文献

  • 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄(編著). 2011. 山溪カラー名鑑 日本のきのこ, 増補改訂新版. viii + 639 pp. 山と溪谷社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > カワラタケ