カネタタキ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > カネタタキ

カネタタキの成虫(オス).夜の手すりでメスとともによく見られた.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 17, 2019)
鳴くカネタタキの成虫(オス).鳴き声は「チン・チン・チン」と単調.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 13, 2018)
カネタタキの成虫(メス).メスには翅がない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 10, 2018)

目次

カネタタキ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Ornebius kanetataki

分類

  • カネタタキ科 Mogoplistidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • 「チン・チン・チン」と区切って鳴く.
  • オスには黒く小さい翅があるが,メスは無翅.
  • ときどき民家に侵入する.

備考


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > カネタタキ