カツラ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
カツラ(植栽)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Oct. 7, 2016)
カツラの葉.葉は対生でハート型に似た円心形.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 31, 2020)
黄葉(こうよう)し始めたカツラの葉(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Oct. 7, 2016)

カツラ(広島大学東広島キャンパスの植物)

和名

学名

  • Cercidiphyllum japonicum Siebold & Zucc. ex Hoffm. & Schult.

分類

  • カツラ科 Cercidiphyllaceae

分布

  • 日本各地,中国,朝鮮半島に分布する.

東広島キャンパスの花期

  • 3-5月

特徴

  • カツラ科カツラ属の落葉高木.雌雄異株(しゆういしゅ).
  • 葉は対生でハート型に似た円心形.
  • 秋に黄色く黄葉(こうよう)する.
  • 街路樹や公園樹に利用されている.
  • 材の香りも良く,耐久性があるので家具や鉛筆などに使われる.
  • 文学部のシンボルツリーに指定されている.
  • 東広島キャンパスでは,文学部周辺や中央図書館前の広場に多く植栽されている.

ギャラリー


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > カツラ