カスリウスバカゲロウ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > カスリウスバカゲロウ


カスリウスバカゲロウ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Distoleon nigricans

分類

  • ウスバカゲロウ科 Myrmeleontidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 成虫は前翅に線状の黒斑がある.
  • 低地から山地にかけて記録がある.
  • 幼虫はすり鉢状の巣をつくらない.
  • 幼虫はウスバカゲロウなどがいる砂地の薄い砂溜まりで見られる.
  • 幼虫は小昆虫を捕食する.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > カスリウスバカゲロウ