オトコヨウゾメ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > オトコヨウゾメ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

オトコヨウゾメ Viburnum phlebotrichum Sieb. & Zucc.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ガマズミ科 Viburnaceae(APG分類体系)スイカズラ科 Caprifoliaceae) > ガマズミ属 Viburnum

解説

  • 果実は赤色.乾燥標本にすると,葉が黒くなる.
  • APG分類体系を採用した分類体系では,科名の和名は以前レンプクソウ科とされていたが,現在ガマズミ科とされる.

花期

  • 花は6月で,1花序に少数の花が下向きにつく.

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,吉備高原面から中国山地に分布し,沿岸部や島嶼部には見られない.

産地

天然記念物

標本

  • 吉和村立岩(yy-10569),芸北町大仙原(mt-6503),筒賀村上筒賀(hh-4952),湯来町大峯山(mt-7743),佐伯町加森山(yy-3681),呉市三石山(yy-3781),三良坂町灰塚(kk-967),神之瀬峡(mt-18280),庄原市大黒目山(mt-8637),比婆山(yw-5326),東城町三国山(km-3230)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • オトコヨオゾメ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 53370

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる