オオヤマトンボ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > オオヤマトンボ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

オオヤマトンボの幼虫(ヤゴ)(広島県東広島市黒瀬川水系; 撮影: 鮫島裕貴, Oct. 17, 2018)

目次

オオヤマトンボ Macromia amphigena

分類

節足動物門 Arthropoda > 昆虫綱 Insecta > トンボ目 Odonata > 不均翅亜目 Anisoptera > ヤマトンボ科 Macromiidae > オオヤマトンボ属 Macromia > オオヤマトンボ Macromia amphigena

解説

  • 平地~丘陵地にかけての水面の開けた池沼や湖,河川の淀みを好む.
  • 頭部と胸部が金属光沢のある青緑色で,黄色の条斑をもつ.
  • 近縁種とは頭部に2本の黄条があることなどで識別可能.
  • 幼虫は細かな斑紋が多い.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

参考文献

  • 尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮. 2012. ネイチャーガイド 日本のトンボ. 531 pp. 文一総合出版, 東京.

更新履歴

2016.04.23 ページ作成.


広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > オオヤマトンボ | 広島県の動物図鑑 / 和名順