オオバノヨツバムグラ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > オオバノヨツバムグラ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

オオバノヨツバムグラ Galium kamtschaticum Steller var. acutifolium Hara

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > アカネ科 Rubiaceae > ヤエムグラ属 Galium

解説

  • 広島県からエゾノヨツバムグラ(var. kamtschaticum)が報告されているが(井波 1985,須田ほか 1991),オオバノヨツバムグラの葉の短い型であろう.
  • エゾノヨツバムグラは北海道,本州(中部以北)に分布する.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,中国山地の高所に稀に分布.

産地

天然記念物

標本

  • 吉和冠山(yy-10853),比婆山(yy-11123)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 46030

文献(出典)

  • 広島県民の森(1972),環境庁(1979),須田ほか(1991),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

引用文献

  • 井波一雄.1985. 広島県植物図選III.100 pls. + 12 pp. 博新館,広島.
  • 須田泰夫・山本昌生・世羅徹哉・原田美佐子・石田源次郎.1991.吉和冠山の植生調査.広島市植物公園紀要 13: 17-50.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる