オオバナコマツヨイグサ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > オオバナコマツヨイグサ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

オオバナコマツヨイグサ Oenothera grandis (Britton) Smyth

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > アカバナ科 Onagraceae > マツヨイグサ属 Oenothera

解説

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 本種は,花の大きさや色の違いによりコマツヨイグサと区別されている(別名オオキレハマツヨイグサ).全国的に急速に分布を拡大しており,県下では2000年に太刀掛優が呉市で採集している.

産地

天然記念物

標本

  • 呉市(mt-20797)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 38163
  • 帰化

文献(出典)

  • 太刀掛(2006),世羅ほか(2010)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる