オオバウマノスズクサ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > オオバウマノスズクサ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

オオバウマノスズクサ(廿日市市宮島町; 撮影: 向井誠二, Jun. 20, 2001)

目次

オオバウマノスズクサ Aristolochia kaempferi Willd.

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ウマノスズクサ科 Aristolochiaceae > ウマノスズクサ属 Aristolochia

解説

  • 本種は中国大陸にも分布するとされていたが,Ohi-Toma et al.(2014)により日本固有種であることが明らかになった.また,基本変種var. kaempferiとは分布域が重ならないことからタンザワウマノスズクサvar. tanzawanaは別種として扱われた.これに従えば,広島県産のものはオオバウマノスズクサとなる.
  • Ohi-Toma et al.(2014)および渡邉-東馬・大井-東馬(2016)によれば,広島県でホソバウマノスズクサの記録があるが,ホソバウマノスズクサの標本採集地の実生を栽培し花を確認したところ,オオバウマノスズクサであった.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 竹原市黒滝山(yy-4432),宮島(ts-760501)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • オオバノウマノスズクサ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 19660

文献(出典)

文献(引用)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる