オオハルトラノオ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > オオハルトラノオ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

オオハルトラノオ Bistorta tenuicaulis (Bisset et S.Moore) Nakai var. chionophila Yonek. et H.Ohashi

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > タデ科 Polygonaceae > ホザキヤドリギ属 Bistorta

解説

  • Yonekura & Ohashi(1998)が,根茎や根生葉の形態によりハルトラノオから分離した変種.富山以西の日本海側と広島県に分布するとし,広島県産の資料として井波(1985)の図を引用している.現在,ハルトラノオは県西部だけでなく,県東部の福山市北部から東城町にかけての広い範囲で生育が確認されているので,県内の植物が全て本変種に分類されるかどうかは検討を要する.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード:

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる