オオアメンボ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > オオアメンボ

オオアメンボ成虫.水面を悠々と泳ぐ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 20, 2018)

目次

オオアメンボ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Aquarius elongatus

分類

  • アメンボ科 Gerriidae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • 日本最大のアメンボで,中脚が非常に長い.
  • ため池などの止水域を好む.
  • 水面に落下した小昆虫などの体液を吸う.
  • キャンパス内では生態実験園のため池などで見られる.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > オオアメンボ